動画プレーヤーとしてiPhoneXを使う

動画プレーヤーとしてiPhoneXを使う

iPhoneXは、電話機能や電子メール機能などの基本機能がしっかりとしているスマートフォンです。

世界中の人々が愛用しており、人それぞれに使い方が異なっています。
iPhoneXには、電話機能や電子メール機能の他に、ブラウザ機能やカメラ機能や動画プレーヤーなどインターネットやマルチメディア関連の機能が充実しています。

iPhoneXを動画プレーヤーに使う場合は、再生するファイルを動画プレーヤーで再生出来るように、パソコンで再生させたいファイルを動画エンコードする必要があります。

パソコンで動画エンコードを行なうには、エンコーダーと呼ばれるソフトウェアがありますので、これをパソコンにインストールして、iPhoneX向けの動画ファイルのテンプレートを使ってエンコードをしますと、簡単に作る事が出来ます。
パソコンでは、動画編集ソフトが充実していますので、カットやフィルタを行いたい場合には、動画編集ソフトを使っていきますと効果的です。

iPhoneXを動画プレーヤーに使うメリットは、いつでもどこでも動画を観る事が出来る事であり、インターネット接続が出来ますので、ネット動画を専用アプリで視聴する事も可能であることです。

ネット動画から自宅で撮り溜めした動画まで様々な動画を観る環境を構築出来ますので、便利に使えます。

また、写真や音楽も再生出来ますので、気分次第で写真や音楽や動画を切り替えて見ることが出来ますので重宝します。



常に時代を先行するiPhoneX、iOSのバージョンアップに伴ってどんどんと使いやすく、デザインも美しくなっています。

今日はソフトの面からカメラ機能にアプローチしたいと思います。

まず、昔のiOSとの大きな違いはカメラ切り替えのしやすさです。



左右へのスワイプでカメラから動画、スクエア、パノラマ等に簡単に切り替えることができます。これは旧版ハードであるiPhoneXやiPhoneXなどでもバージョンアップを行っていれば最新版と同じように使えますし、最新版と旧版間の互換性も完璧です。



そして、デザイン性の高さも評価を得ています。

赤いボタンはユニバーサルデザインの観点から見ても優れていると言わざるを得ないでしょう。

ボタン部はなんと言ってもカメラ機能では最重要なパーツですよね。


ボタンを押す、写真が撮れる、そして保存される。
このサイクルのスタートボタンも兼ねたボタンです。


また、iPhoneX発売当初からその画像の美しさには定評がありますね。
画質の解像度が高く、ズームをしてもぼけにくいのも特徴です。

また、わたしが一番評価しているのは集光技術の高さです。

小学校の理科の時間に顕微鏡のレンズの倍率をあげると視界が暗くなる、と習いましたよね。
それはカメラでも同じことがおこり、ズームして写真を撮ろうとするとどうしても全体的に暗い写真になってしまいがちです。

それがほかのスマートフォンに比べて比較的明るい写真が撮れます。

ぜひiPhoneXで良いカメラ生活を!。

Copyright (C) 2016 動画プレーヤーとしてiPhoneXを使う All Rights Reserved.