離婚調停を弁護士に依頼する場合

現在の日本で、「離婚」という手続きをすすめるには、段階があり、まずは夫婦当事者間での話し合いによる「協議離婚」です。

この、協議離婚の話し合いに折り合いがつかない場合に、家庭裁判所に離婚の申し立てをして、離婚の手続きをすすめることを「離婚調停」と呼びます。離婚調停でも、弁護士に依頼をせずに手続きを進めることは可能です。

しかし、協議離婚ではなく、離婚調停に進む段階で、既に夫婦間の話し合いが上手くいっていないということになります。家庭裁判所内での手続きや、専門用語、そして調停における配偶者との対立、調停委員や裁判官に対して自分の意見の正当性を主張すること。

これらすべてを自分自身で行うのは、とても労力のいる手続きです。弁護士は、裁判所における手続きのプロです。弁護士費用はかかりますが、手続きの進行はもちろん、書類の作り方、相手方配偶者と対立している主張を、離婚調停において効果的に主張するという作業に、自分一人で頭を悩ませなくて済むという点、そして対立している配偶者と直接のやりとりをしなくても良くなるので、離婚手続きに伴う心理的なストレスを軽くすることができるというのも、弁護士に離婚調停を依頼する大きなメリットと言えます。

費用のことを考えると二の足を踏んでしまうこともあるかもしれません。もし当事者となった場合は、地方自治体や地元の弁護士会や法テラスが主催している相談窓口に足を運んでみるのも一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *