離婚の際かかる慰謝料について

今や結婚率は伸び悩む割に、結婚した3組に1組が離婚するという、当たり前な世の名です。

原因はさまざまで、夫婦間の性格の不一致や価値観の違いなど、第3者が関わらない離婚の仕方から、不倫や浮気といったトラブルが原因で離婚するケースも多く見受けられます。

不倫をしていたとなると、慰謝料が絡むケースが多くあります。どんなに境遇が例えば、女性が交際していたが交際相手の男性との間に子を身ごもってしまい男性には妻がいた場合で女性が中絶を望んでいたとします。女性が、交際相手の男性に妻がいると知らなかった場合になります。

ですが、その中絶にかかる費用を男性に要求することは困難だといえます。この場合男性の妻から、慰謝料を要求される可能性が高いからです。中絶までして自分の体を傷付けるのにさらに慰謝料を要求される可能性があるとは、かなり酷なケースかと思います。

俗にいうダブル不倫をしていた時の場合です。双方が不倫をしていた場合、その慰謝料はお互いに発生し、相殺されるケースもあります。男性の方が経済的理由から多く払う場合もあるため良く注意しておきましょう。

トラブルをお金で解決しようとしたくなる気持ちも分かりますが、お金で解決しても心の傷までは言えません。さらに、子どもがいた場合は養育費が18年間かかることになります。一番は離婚しない事だと思います。結婚する前に、良く考えて失敗のない選択が出来るよう感覚や英知をやしないましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *