離婚は言い出した方が慰謝料を支払うと思っている方へ

一般的に離婚と慰謝料という二つの言葉は、まるで二つで一組になっているかのように語られることが多いのではないでしょうか。

そのため自分の結婚は間違っていたと考えて別れたいと思っても、離婚を言い出したほうが多額の慰謝料を支払わなければならないと思いこんでいる向きがあるかもしれません。

しかしそもそも離婚に際しての慰謝料は別れる原因や責任があるほうがないほうに支払うべきお金であり、言い出したほうが支払わなければならないというものではないのです。たとえば何度も何度も浮気をされたほうがうんざりして離婚を切り出したとしたら、慰謝料を支払わなければならないのは浮気をしたほうであるのは当然です。

また家庭や家族を顧みないで自分勝手に生きているパートナーと夫婦でいることが嫌になり、別れ話を出したとしても反省して責を負うのは相手方です。このように離婚を決意するまでの過程や内容に多少の違いはあっても、慰謝料が請求できるのは夫婦として生活をしている中で傷つけられたほうなのです。

ですからもしもパートナーと別れたいと思ったら出来るだけ多くの証拠をつかみ、場合によっては探偵などの専門家の力も得て証拠を集めましょう。そのうえで別れ話を出してもスムーズに解決するように、法律の専門家に依頼することが大切です。法律の専門家である弁護士などは少しでも多く依頼人の利益になるように交渉し、法律に照らして尽力してくれるに違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *