離婚で慰謝料が請求できるケース

愛し合って結婚した夫婦も、一緒に暮らすうちに心が離れてしまう、一緒に生活を続けることが苦痛になってしまうことは珍しくありません。

関係の修復も考えていきたいですが、努力しても修復が困難という場合は離婚も考えていくこととなります。離婚の際は片付けなくてはいけない問題はたくさんありますが、特に離婚の慰謝料の問題は解決が難しいものがあります。離婚すれば必ず慰謝料がもらえるというわけではなく、性格の不一致などの場合は請求しても支払いが認められないことも少なくありません。

慰謝料を請求できる例としては、配偶者による浮気があげられますし、この他でも別居など悪意の遺棄、暴力、生活費を入れないなどの協力・扶養義務違反などがあげられます。精神的苦痛を受けた場合に請求することができますが、その相場は50~300万円程度とされています。

とはいえ、金額は自由に決めることができ、資産を豊富に持っている場合はより多くの金額を請求できる場合もあります。慰謝料は夫婦の話し合いで決めていくことが一般的ですが、話し合いで良い解決が得られない場合は調停や裁判も考えていくこととなります。

不倫などは特に多くの慰謝料を請求することができますが、この場合も浮気の確たる証拠を獲得しておく必要があります。浮気が疑わしくてもメールや電話の履歴程度では証拠としては弱いものがあります。夫婦間の話し合いがうまくいかないという場合は弁護士など法律の専門家のサポートを受けることも考えてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *