離婚慰謝料を後悔なくもらうためには

離婚を考え始めたらまずは揉めることなくすっきりと別れられるか考えます。

ですがそれよりも大切なのはやはり貰えるのであれば慰謝料をしっかり受け取るということです。子どもがいないような状況でも相手に非があるのであればちゃんと貰うことで気持ちのけじめがつきます。判を押すことが第一である時も今後の生活のことをかんがえた場合受け取るものは受け取っておいたほうがよいのでしょう。

ましてや子供がいるようなときにはきちんと書面で残すことが大切でしばらくするとうやむやになるというようなことは避けましょう。ですがそうしたこともだれか相談できる相手が必要です。親や兄弟姉妹は気持ちの支えにはなってくれますが、やはり法律という点で専門家のアドバイスがいります。

ですので離婚を決めたらまずは弁護士に相談するほうがよいでしょう。弁護士でしたら慰謝料も自分が思っている以上に相手から取ってくれる可能性も大きいです。離婚はその場の感情で行動してはいけません。かならず将来を見越して慰謝料などをしっかり得ていくことが重要なのです。

当事者同士ですと相手に会うことで嫌な感情がまた起こってくることもありますが、弁護士にあいだに入ってもらえば離婚したい相手に会うことも最小限にすることができます。調停や裁判になって初めて弁護士に依頼するのではなく、すみやかに別れるためにそして慰謝料をしっかり受け取るためにも初めから弁護士に依頼するほうが結局は双方納得した離婚になることが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *