離婚慰謝料の相場が変わった?

離婚慰謝料の相場は変化しているそうです。

一昔前は200万~500万円が相場でした。ところが、現在は100万~300万円が相場になります。1つの理由は慰謝料目的で裁判を起こす人が増えたためです。インターネットが普及して情報を入手しやすくなりましたが、「裁判をすれば多額の慰謝料がもらえる」と安易な考えを持って裁判を起こす人が増えたそうです。

「どうせたいした金額ではないのだろう、手間と時間の無駄だ」と考えていたがインターネットのブログに200万~500万円と書かれているのを見て「そんなに高額なら手間と時間をかける価値がある」という考え方に変わるパターンもあります。これはあくまで相場であり、さまざまな事情によって変わってきます。

離婚原因で多いのがDVや浮気ですが、意外なことにDVよりも浮気のほうが慰謝料の金額が高くなりやすいです。浮気をされたとして配偶者・浮気相手の収入、社会的地位、婚姻期間、子供の有無なども金額に影響します。ないものはとれないので相手が無職だったり専業主婦の場合には金額が減少します。

それでも数十万円はもらえる可能性があるのであきらめずに離婚弁護士に相談をしたほうがいいかもしれません。離婚弁護士といえばテレビドラマのイメージが強いかもしれませんが、現実の弁護士は依頼人のために積極的に動いてはくれないそうです。基本的には依頼人が提供した証拠を集めて有利な材料を選び出してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *