離婚問題を弁護士に相談する

離婚問題は夫婦間で話し合いで解決することもありますが、ほとんどの場合何かしらのトラブルが発生するします。

例えば慰謝料であったり子供の親権問題、養育費など話し合わなければならないこともたくさんあり、口約束で離婚をしてしまうと後で言った言わないといったトラブルになることもよくあります。離婚をするときは基本的には何らかの問題があって、お互いに冷静に話し合うことが難しい状態です。顔を見るのもいやということも珍しくなく、そういった相手と話し合わなければならないのは精神的にも苦痛です。

話し合いを早く終わらせたくて取り決めをいい加減にしてしまうと、後で後悔することにもなりかねないので、納得のいく形で離婚をするためにも第三者である弁護士に相談することが大切です。離婚の弁護士に相談して自分の代わりに相手方と交渉をしてもらうことで、条件や慰謝料などを有利にできる可能性も高くなります。

相手方も弁護士を雇う可能性もありますが、弁護士同士の話し合いにもなりますから、お互いに納得のいく決着がつけられるケースが多くなります。法律の専門家ですから、後で問題にならないようにきちんと文章でまとめてもらえますし、離婚協議書を作成しておけば後で約束を破られたときに裁判などで有利に働きます。

また弁護士という相談相手がいることで、精神的にも楽になるのでストレスの軽減といった効果も期待できます。初回は無料で相談を受け付けてくれるところも多いので、まずは話を聞いてもらってはどうでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *